デリケートゾーンが臭い… ニオイがする原因と対策まとめ

デリケートゾーンについて悩みを持つ女性は意外と少なくないものです。その中でも特に多いのがニオイです。「デリケートゾーンからいやなニオイがして困っているけれど、恥ずかしくてなかなか人に相談できない……」と1人で悩みを抱えてしまっている女性もいるのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは女性のデリケートゾーンのニオイの種類や原因、また、どうすれば解消できるのか、その対策方法を詳しくご紹介します。

 

デリケートゾーンが臭いのはどうして?

普段の生活の中で、デリケートゾーンからやや酸っぱいようなニオイがすると感じたことはないでしょうか。これは、バイ菌が膣内に侵入しないように膣がもともと弱酸性に保たれているからで、健康な女性でもデリケートゾーンには少しニオイがあるものです。しかし、不快なほど強くていやなニオイがするときは、何らかの原因が存在します。デリケートゾーンはどうして臭くなるのでしょうか。

 

不潔になっている

清潔にしていないデリケートゾーンには恥垢が溜まります。恥垢とは、デリケートゾーンにある白いカスのようなもののことで、正体は文字どおり垢です。体に付着するほかの垢と同じく皮膚から剥がれた古い角質などですが、トイレ後のティッシュ、性行為の際の分泌液も恥垢になってニオイを発してしまいます。汗やムレもずっとそのままにしておくと不衛生です。デリケートゾーンは湿度も温度も高いため、汗をかきやすくムレやすいもので、特に夏場は深刻です。汗に雑菌が付着するとニオイの原因になってしまいます。

 

おりものや自浄作用の変化

通常、おりものは無臭か少し酸っぱいニオイをしていますが、病気や感染症、雑菌の繁殖などによってニオイがすることがあります。どんなニオイがするのかは病気の種類によって異なります。また、女性の膣には自浄作用があり、これによって清潔が保たれています。しかし、洗い過ぎで善玉菌まで洗い流してしまうことや、加齢や日々のストレスなどで自浄作用が弱まってしまうことがあります。すると、膣に雑菌が増えてしまい、ニオイを出すのです。

 

食生活

デリケートゾーンには直接関係ないように見える食べ物も実は影響を及ぼします。食生活は体のニオイと密接な関係があるのです。特にジャンクフードやファストフードは要注意で、食品添加物を多く摂取すると、体がどんどん酸性化していきます。すると、体の免疫力が低下し、デリケートゾーンにニオイを起こさせる感染症にかかるリスクが高まってしまうのです。さらに、甘い物の食べ過ぎもNGです。糖分は子宮内の雑菌のエサになるため、甘い物の過剰摂取によって雑菌を増やしてしまいます。また、食品の中には、食べると体臭を強くしてしまうものがあります。赤身肉や魚などの動物性たんぱく質、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜、玉ねぎやニラなどのニオイのきつい野菜などです。これらは体にとって必要な栄養素も持っていますので、デリケートゾーンが臭くなるからといって排除するわけにはいかないのが悩みどころです。

 

生理

生理になるとデリケートゾーンのニオイは強くなる傾向にあり、トイレでナプキンを交換する際に感じることが多いです。生理によってデリケートゾーンが臭くなるのは、血液が空気に触れて酸化し、水分と反応することが原因です。ナプキンやタンポンなどの生理用品を長時間つけっぱなしにすると、空気と水分に触れる時間も長くなってしまうため、どんどんニオイが強くなってしまいます。また、生理前にもニオイの変化を感じる女性は少なくありません。これは、生理前になるとホルモンバランスが変化するためです。ホルモンバランスが変わればおりものの量が増えます。すると、そのおりものがいやなニオイを引き起こしてしまうことがあります。

 

デリケートゾーンは病気が原因で臭くなることもある!

 

性感染症が原因(クラミジア・淋病・トリコモナス膣炎)

クラミジア

クラミジアは感染初期には自覚症状がない場合が多いですが、症状が進んでくると臭いおりものと下腹部痛を感じるようになります。クラミジアトラコマチス菌に感染することで発熱や腹痛が起こる病気で、性交渉が主な感染経路とされています。弱い菌のため、その他で感染することはほとんどありません。

淋病

淋病は淋菌感染症とも呼ばれる性感染症です。淋菌に感染すると、女性の場合は子宮頸管、子宮、卵管で増殖しますが、症状が比較的軽いため、淋病にかかった自覚がないこともあります。おりものに変化が表れる際は、膿のような色と粘度になり、強くて臭いニオイを発します。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎も性感染症で、トリコモナス原虫に感染することでデリケートゾーンのかゆみや痛み、外陰部のかぶれが引き起こされます。また、泡立ったような黄色いおりものから強い悪臭もします。病気が進行すると不妊の原因になるため、放置せず早めに治すことが大切です。

 

女性特有の病気が原因(子宮頸がん・子宮内膜炎)

子宮頸がんでもデリケートゾーンのニオイは変化します。子宮頸がんは膣と子宮の間にある子宮頸部にできるがんで、不正出血の影響で茶褐色やピンク色をしたおりものが見られます。おりもののニオイは悪臭がする場合と何のニオイもしない場合があります。子宮内膜炎は多くの女性が悩まされる病気で、大腸菌やブドウ球菌などの菌に感染して子宮内膜に炎症が起こります。黄色や緑色に変色したおりものからは生臭い腐敗臭がするため、デリケートゾーンから強くにおいます。

 

婦人科系以外の病気が原因

デリケートゾーンのニオイというと膣が発するものと思われがちですが、婦人科系の病気以外でもいやなニオイがするものがあります。腎臓、肝臓、胃腸、肺の機能の低下によっておこる悪臭です。腎臓はアンモニアの分解、肝臓は解毒作用、胃腸は食べ物の消化、肺は老廃物の処理に大きく関わっている器官です。これらが不調になることでデリケートゾーンのニオイも影響を受けることがあるのです。

 

 

デリケートゾーンのニオイの種類

一口にデリケートゾーンのニオイといっても、その種類はたくさんあります。残念ながら良いニオイといえるようなものはありませんが、デリケートゾーンの状態や病気によって異なります。まず、デリケートゾーンの酸っぱいニオイは健康な証拠といわれています。膣内が弱酸性に保たれているということで、特に治療や対策の必要はありません。ほかにはどんなニオイがあるのでしょうか。

 

イカ臭い

デリケートゾーンから魚介類のイカのようなニオイがする場合は、性交渉が影響していることが多いです。パートナーの精液のニオイがそのまますることもあれば、お互いの分泌液のニオイが混ざったものであることもあります。避妊具を使っていても分泌液が膣内に残るのはおかしなことではありません。精液や分泌液は数日で膣外へ流れ出ますので、短期間でニオイも消えるでしょう。

 

納豆臭い・鉛筆臭い

デリケートゾーンから納豆や鉛筆のような独特なニオイがする原因は、ズバリ、「すそわきが」である可能性が高いです。すそわきがは、外陰部臭症のことをいいます。わきがと聞くと脇のニオイを連想する人が多いでしょうが、わきがとしていやなニオイを発生させるアポクリン汗腺はデリケートゾーンにも存在しているのです。このため、納豆や鉛筆のようなわきが特有のニオイがしてしまうのです。

 

生臭い・魚臭い・チーズ臭い

デリケートゾーンからチーズのようなニオイがする原因には、カンジダ膣炎が考えられます。前述したとおり、カンジダ膣炎になるとポロポロとした白いおりものが出ます。一般的にカッテージチーズに喩えられることが多いですが、ニオイもチーズに似ていることが特徴です。また、ムワッとにおって思わず顔をそむけたくなるような生臭いニオイがすることもあります。デリケートゾーンが生臭い、または魚臭いと感じたときは、細菌性膣炎にかかっている可能性が高いです。また、生理前や生理中にも生臭く感じることがあります。

 

甘いニオイ

デリケートゾーンから甘いニオイがする場合もカンジダ膣炎やクラミジアなどの性感染症である可能性が高いですが、女性ホルモン(エストロゲン)の変動が原因であることもあります。代表的なものが妊娠です。特に妊娠初期にはヨーグルトのような甘酸っぱいニオイを感じる女性が多いです。

 

アンモニア臭

アンモニア臭は尿を放置して空気に触れさせた際にするニオイです。デリケートゾーンのアンモニア臭には、尿によるものと、そうでないものがあります。尿が原因であるものとして多いのが、拭き残しと尿漏れです。トイレの後にきちんとティッシュで拭けていなかったり、漏れた尿がショーツに付着したりしたまま時間が経過すると、アンモニア臭を放つようになります。尿ではない原因は、腎臓の病気です。腎臓の機能が低下すると、分解されて尿として外に排出されるはずのアンモニアが体内に残り、やがて汗に混じってしまいます。その汗がデリケートゾーンから出ることによってアンモニア臭がするようになるのです。

 

 

デリケートゾーンのニオイを解消する方法は?

デリケートゾーンのニオイは、恥ずかしくて憂鬱な気分になるばかりか、周囲の人に気づかれるのではないかと不安な気持ちになってしまいます。1日も早く解消したいものです。ニオイ対策にはどのような方法があるのでしょうか。

 

清潔にする

  • 正しい洗い方をする
  • デリケートゾーン専用のせっけんを使う
  • 拭き取りシートを使う

デリケートゾーンを不潔にしているとニオイの原因となる雑菌が繁殖してしまいます。そのため、清潔に保っておくことが重要です。デリケートゾーンを清潔にする方法には上記のようなものがあります。肌は洗えば清潔になりますが、ただやみくもに洗えば良いというわけではありません。部位ごとに適した洗い方があり、それはデリケートゾーンも例外ではないのです。正しい洗い方で効果的に対策をしましょう。その際はデリケートゾーン専用のせっけんを使うことをおすすめします。また、すぐに洗えないときなどは手軽に使えるデリケートゾーン用のウェットシートで拭き取ると良いでしょう。デリケートゾーン用は一般的なウェットシートとは異なり、敏感な皮膚の刺激になるようなアルコールやパラベンが配合されていません。また、厚手で肌触りが優しいのが特徴です。素材も使用後にトイレに流せるタイプのものが使われているのがほとんどです。

 

消臭効果のあるデオドラントアイテムを使う

・専用クリームを使う
・膣専用ジェルを使う
・ニオイ対策スプレーを使う
・重曹を使う

デリケートゾーンのニオイに悩む女性の強い味方であるデオドラントアイテムもたくさん市販されています。クリームやジェルは持ち運びも楽なので、外出先でもサッと塗れて便利です。ニオイ対策スプレーは気になるところに吹きかけるだけで手も汚れないため、人気があります。しかし、ここでも忘れてはならないのが、デリケートゾーンは敏感な場所であるということです。一般的なクリームを塗ってかぶれを起こし、さらなる悪臭を引き起こしてしまわないように必ず専用のものを使うようにしましょう。また、テレビなどでも多数紹介されている重曹の消臭効果は、デリケートゾーンにも期待できます。重曹はそのままを使うのではなく、ボディソープや水に混ぜて使用します。このとき、食用の重曹を選ぶことが必要です。万が一にも掃除用を使うと、研磨効果で肌を傷つけてしまいかねません

 

体の中から消臭する

・サプリメントを飲む
・病院で治療を受ける
・市販薬を飲む

すでにあるニオイを消すだけではなく、体の中からニオイ対策することもできます。消臭サプリメントはいろいろなメーカーのものがありますが、選ぶ際はニオイの種類から決めると良いでしょう。中には消臭効果だけではなく、バニラや薔薇のような芳香効果がつけられているものもあります。コンビニやドラッグストアなどで購入できるものは手軽さが人気を集めています。婦人科系の疾患や性感染症などの病気によってデリケートゾーンのニオイが引き起こされている場合は、その病気を治療して原因をなくしてしまえばニオイをなくすことができます。病院を受診して適切な処置や投薬を受けるので、安心な方法で病気もニオイも一網打尽できるというわけです。また、市販薬を飲んでもデリケートゾーンのニオイ対策をすることができます。しかし、ここで間違えてはいけないのが、ニオイを消すための薬は市販されていないということです。病院を受診するのと同様に、ニオイを引き起こしている病気を治すことを目的とした市販薬を購入するようになります。

 

ムレないようケアをする

・アンダーヘアのケア
・ムレ対策をする

デリケートゾーンのニオイを増幅させてしまう要因に、高温多湿によるムレがあります。そして、この高温多湿はアンダーヘアが原因で起きていることがあるのです。そこでおすすめなのが、アンダーヘアのケアです。特に有効なのがカットでしょう。カットすることによってアンダーヘアが短くなると、通気性が良くなり、ムレにくくなります。さらに、清潔になる、洗いやすくなるなどのメリットもあります。しかし、それだけではデリケートゾーンのムレ対策は不十分です。併せて行いたいムレ対策は、通気性の良いショーツを身につけることです。適しているのはコットンやシルクなどの素材で、ナイロンのような通気性が悪いものはおすすめできません。ストッキングもムレやすいので、必要なとき以外は履かないようにしたほうが良いでしょう。また、生理中は特に湿度が高くなるのに加えて経血のニオイも発生しがちなので、ナプキンをこまめに取り替えて清潔にすることも大切です。

 

生活を見直す

・ストレスを解消する
・食事を見直す

ストレスなどの体の変化は免疫力の低下や膣内環境のバランスの悪化を引き起こします。免疫力が弱まると感染症にかかりやすくなりますし、膣内のバランスが崩れると自浄作用も低下してしまいます。その結果デリケートゾーンにいやなニオイがしてしまうのです。ストレスフリーの生活を送るためには「運動・仕事・食事・睡眠・休息」という5大要素を安定させる必要があります。デリケートゾーンのニオイを予防するには、少しずつでも毎日適度な運動をし、心身をしっかり休めてストレス解消を促すようにしましょう。また、食事の見直しも重要です。基本は、1日3食を規則正しく食べることです。体を酸化させバイ菌の侵入を許してしまう食品添加物が多く含まれる食品や、菌のエサになる糖分をたくさん含む甘いお菓子などの過剰摂取は控えましょう。体の悪臭を強くしてしまう食品(赤身肉、魚、玉ねぎなど)は適量を守り、食べ過ぎないようにしたいものです。そして、同時に体のニオイを予防する効果のある食べ物を食べるのもおすすめです。抗酸化作用のあるビタミンC、カテキン、ポリフェノールなどを多く含む緑黄色野菜や緑茶、アルカリ食品である梅干しや酢、腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖などは積極的に摂るようにしましょう。

 

 

デリケートゾーンを洗うポイント

 

デリケートゾーン専用のせっけんで洗う

デリケートゾーンは、とにかく繊細です。ほかの部位の皮膚とは異なり、少しの刺激でもかぶれなどの炎症を起こしやすいものです。そのため、せっけん選びは慎重にならなければなりません。ボディソープの中には弱酸性や敏感肌用と刺激が少ないものも市販されていますが、デリケートゾーンを入念に洗うと人によっては肌トラブルを起こしてしまうこともあります。そのため、デリケートゾーンを洗うために作られた専用のせっけんを使うことをおすすめします。さらに、専用のせっけんは強いニオイに対応した成分が含まれていますので、しっかりと消臭することが可能です。

よく泡立てる

せっけんを使う際は、良く泡立てることが重要です。洗顔料や髪のシャンプーの場合でも、手のひらに出したものをそのまま使用すると刺激が強すぎるため一度泡立ててから洗うのが好ましいですが、デリケートゾーン用のせっけんも同じことがいえます。泡立てるコツは、水やお湯を少しずつ足しながら徐々に泡立てていくことです。ここで泡立てネットを使うと、より早くキメ細やかな泡を作ることができます。特に無添加せっけんは泡立ちを良くする成分が配合されていないため、泡立ちが悪く感じることがあります。網タイプや丸い形のボムタイプなどいろいろあるので、自分に合ったものを探してみましょう。

指でやさしく洗う

せっけんがしっかりと泡立ったら、やさしくデリケートゾーンを洗っていきます。ここで要注意なのが、決してボディタオルやスポンジを使用しないことです。指の腹を使い、ゴシゴシこすらずに丁寧に洗いましょう。このとき、前から後ろへと洗っていきます。これは肛門についた雑菌が膣内に入り込まないようにするためです。アンダーヘアの生え際から始め、割れ目のひだまでやさしく洗います。複雑なつくりのデリケートゾーンには恥垢が溜まりやすいので、洗い残しがないように気をつけましょう。ただし、膣の中は洗ってはいけません。清潔にしておかなければならないのは確かですが、膣の中までせっけんで洗うと、常在している善玉菌を流してしまうことになります。すると、ニオイが消えるどころか悪化させてより強い悪臭の原因になってしまうこともあります。また、せっけんによって粘膜がかぶれるのを防ぐためにも膣の中は洗わないようにしましょう。

デリケートゾーン専用クリームも併用

洗い終わったら拭いてそのまま終了という女性が多いですが、その後のケアとしてデリケートゾーン専用のクリームを塗るとさらに効果的です。クリームには消臭効果がありますが、雑菌の繁殖を抑える成分とムレを防ぐ制汗成分が含まれているのが一般的です。消臭効果に持続性があるものが理想的ですが、よりしっかりと効果を得ようとしてベタベタと塗りすぎるのはNGです。量が多いとベタつきやムレの原因になるので、適量を守りましょう。

 

デリケートゾーン専用のケア製品の選び方

デリケートゾーン専用のケア製品には、クリーム、ジェル、スプレーなどさまざまなものがありますが、選ぶ際の基準は共通しています。デリケートゾーンに使用するものであることを第一に考えて選ぶようにしましょう。とりわけ重要なのが、含まれる成分をしっかりチェックすることです。デリケートゾーンには刺激が強いものは向きません。無添加で植物成分が配合されたやさしい使い心地のものがおすすめです。さらに、その中でも成分の質を見極める必要があります。製品の安全性を知るのに有効なのが、厚生労働省に認可されている成分を使用しているかに注目することです。有効成分がしっかり配合されている医薬部外品のものが安心でしょう。

また、長く続けられる価格帯であることも重要です。デリケートゾーンのケアは、一度行えばそれでOKなわけではありません。毎日のケアが欠かせないため、せっけんやクリームは買い足しが必要になってきます。質が高いのに越したことはありませんが、あまり高価なものを購入するとその費用が負担になってしまいます。いずれ続けられなくなってしまわないように気軽に手が届く範囲の金額のものを選びましょう。

 

正しい対策でデリケートゾーンの臭いを抑えよう!

女性にとっての悩みのタネであるデリケートゾーンのニオイですが、有効な対策をしっかりとすれば解消・予防をすることができます。ここでご紹介した対策方法は、どれも難しいものではなく、日頃から気軽に実践できるものばかりです。自分に合う方法を見つけてデリケートゾーンのニオイを抑え、笑顔で快適な毎日を過ごしましょう。